大きな買い物をする前に 印鑑

実印を作っておくことは大切

日本では三文判を使うことがほとんどですが、やはり実印は必要なもの。どんな時に必要なのでしょうか。
不動産屋や車など比較的高い物や契約を交わすときに発行する正式な契約書には必ずと言っていいほど実印が必要になります。実印は三文判のようにどこでも手に入るものではやはり困ります。偽造されてしまっては大切な書類に虚偽が生じる恐れがあるからという理由があるでしょう。文房具屋やハンコ屋さんなどで実印を作ることが可能ですし、今はインターネットでも注文することができます。ほとんどの実印は注文してから彫るするというもので偽造を防いだり、またハンコの重要性の意味などもそこから生まれてくるものでしょう。
作った印鑑は居住している管轄の市役所や区役所に持っていき、実印登録をする必要があります。実印の申請をして登録をされたらそこから実印として使うことができるようになります。実印を使う時には、ほとんどの場合が実印登録というものも必要となり実印登録後、登録した市町村で入手することが可能です。実印登録書には、その印鑑が実印であることが記され、またそれは本人の確認書としても公的な書類として認められます。実印は三文判とは違うので保管場所にも注意が必要です。

ピックアップ

実印を作っておくことは大切

日本では三文判を使うことがほとんどですが、やはり実印は必要なもの。どんな時に必要なのでしょうか。不動産屋や車など比較的高い物や契約を交…

もっと読む

実印が必要な時

私が急遽実印が必要になった時の体験談です。去年、新築のマンションを購入しました。そこで名義について話し合った結果、主人と自分の共同名義で購入す…

もっと読む

実印を家族から貰うのは考えもの

私は実の姉から実印用の印鑑を贈られた事があります。既に私は別の印鑑を実印として自治体に登録し固定電話の契約時と自動車の登録などにも使っていまし…

もっと読む

祖父の形見を使用しています

実印と言うと、多くの人は成人、または社会人になった時などに親にプレゼントされるのが一般的かと思います。住まいの近隣にあるはんこ屋さんも、1月か…

もっと読む